[PR] 広告主様募集

「パパに彼氏が欲しがっていたプレステ4を買ってもらっちゃった。もちろん新作のゲーム付きで。」私の友達が教えてくれました。喜ぶ友達。でも、彼女は知らない。彼氏は私と浮気していること。そして私以外の女とも浮気していることを。そんな最低な彼氏に友達は彼の望みを叶えるためにパパを作り、簡単にお金を手に入れるようになりました。そんな彼氏と付き合う友達もダメだけど、私パパの見つけ方知りたいと思いました。 「どうやったらパパが見つかるの。私にパパの見つけ方を教えて。」「いいよ。パパの見つけ方なんて明美ならすぐできるよ。」優しい友達。そんな友達の彼氏と浮気してごめんね。と、罪悪感を感じました。その後、友達のパパが私に男を紹介してくれることになり3人で会うことになりました。 セックスなしでお金が貰える とても、優しそうなパパというよりお爺さんという感じでした。彼は私に会ってすぐ、私に紹介する人なのか、誰かに電話かけていました。 「じゃぁ、番号伝えとくね。」そう言って電話を切ると、彼は私に番号の書いた紙を渡してくれました。「連絡してみて、相手には伝えてあるから。」「ありがとうございます。」「良かったね。」一緒に喜んでくれる友達。しかし、友達がトイレに入った瞬間彼は私の耳元で言いました。「さっきの電話は嘘。本当は友達ではなく私の番号。彼女より君のパパになりたい。」驚きました。友達がトイレから戻ると私は平然と装いました。 それから私は、友達のパパを寝とりました。友達には彼氏やパパまで奪って申し訳ないけれど、そんなことを知らないで今でも優しくしてくれる友達が哀れに感じてしまう私でした。 パパ活アプリ エッチなしでお金くれる人