私が20代の頃はよくテレクラを利用して、知らない男性と体の関係をもったり、家族とは仲が悪いということもあってほとんど帰らずに、テレクラで知り合った男性の家に転がり込んだ人荒れた生活を送っていました。 しかし、知らない人との間に子供が出来てから私の生活環境が変わりました。最初は子供を育てる事は無理だから堕ろそうと思いました。そのために、堕ろすのに必要な手術を貯めないといけないのでテレクラを利用してお腹が目立たない時期にどんどん稼ごうと思っていました。しかし、悪阻でHをやっている最中に気分が悪くなったりしてトイレに駆け込んだりしたせいで男性を怒らせたりしました。だけとそんな私に1人の男性だけは違いました。 エロチャット 「もしや、妊娠してる。」「はい。」「そのためにここを利用しているの。」「はい。堕ろそうと思って。」「私の病院に来なさい。産婦人科を経営してるから、その代わり2度とここを利用しちゃダメだよ。」「お金がない。」「いいよ。だから早く病院へ行きなさい。」 後日、彼の病院へ行くと彼が入り口に待っていました。そして不安な私にずっと付き添ってくれました。無事に手術が終わったときも涙を流す私に彼は「大丈夫。まだ若いし次があるから。」と、優しく声をかけてくれました。私はそんな彼にだんだん好意を感じました。それから何度も彼と会い食事に出かけました。「私と20歳も年が離れているのに一緒に食事してくれてありがとう。もうテレクラもやらないで済むよ。」「それは私のほうだよ。こんな私に優しくしてくれて。」私達は次第に付き合うようになりました。そして、1年後子供を授かりました。私は今幸せです。 ディープスロート イラマチオ